忍者ブログ
恋愛小説、泣ける本からマニュアル本まで。     Copyright(C)ひろり All rights reserved.
いらっしゃいませ
プロフィール
HN : ひろり
    : 本棚
クリック募金
クリックで救える命がある。

「東北関東大震災」支援クリック募金
イーココロ!クリック募金
ブログ内検索
最新コメント
無題 / NONAME
(08/24)( Res )
(06/20)( Res )
恋空 / キティ♡
(09/08)( Res )
読みたい本をブログで探す

ブログランキングくつろぐに投票

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

人気ブログランキングへ


[1] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

初恋 初恋 (光文社古典新訳文庫)
トゥルゲーネフ(ツルゲーネフ) 著
光文社 出版 / 2006.9(184p)

****小説**外国文学****
おすすめ読者年代 高校生以上
恋愛指数 ☆☆☆☆☆ 5
家族指数 ☆★★★★ 1

光文社古典新訳文庫、ってのが売れに売れている。
可愛い装丁。そして読みやすい新訳。

外国文学のハードルのひとつは「翻訳」だと思う。
誰が訳したか、は結構重要だ。

ロシア文学はかなり苦手なので敬遠していたけれど
この文庫は読んでみることにした。
にほんブログ村 本ブログへ
ブログランキング参加中
ガラスの大エレベーター ロアルド・ダールコレクション 5ガラスの大エレベーター ロアルド・ダールコレクション 5
ロアルド・ダール 著 ; 評論社 出版 / 2005.7

****外国文学**小説****
おすすめ読者年代 小学校低学年以上
ハラハラ指数 ☆☆★★★ 2
ワクワク指数 ☆☆☆★★ 3

『チョコレート工場のひみつ』の続編となる本作は、
ワンカ氏ご自慢のガラスの大エレベーターに乗って、
主人公チャーリーの家に家族を迎えに行く場面から始まっている。

チョコレート工場の屋根を突き破り、チャーリーの家についた大エレベーター。
チョコレート作りの奇才ウィリー・ワンカ氏。(映画ではジョニー・デップ)
主人公チャーリー。
チャーリーの付き添いでチョコレート工場に出向いたジョウおじいちゃん。
そしてチャーリーのお父さんお母さん、お父さんの母親、お母さんの両親。
その8人で物語は描かれています。
にほんブログ村 本ブログへ
ブログランキング参加中
普及版 モリー先生との火曜日普及版 モリー先生との火曜日
ミッチ・アルボム 著 / NHK出版 / 1998.9

****文学**外国文学**

「寝ているときは死んでいる。」
モリーの警句のひとつだ。

この本にはモリー教授とミッチの最終講義の火曜日の事が書いてある。
にほんブログ村 本ブログへ
ブログランキング参加中
“It”(それ)と呼ばれた子―少年期ロストボーイ“It”(それ)と呼ばれた子―少年期ロストボーイ
デイヴ・ペルザー 著 ; ソニーマガジンズ 出版 ; 2003・2
****文学**記録・ルポタージュ****
おすすめ読者年代 高校生以上
涙指数 ☆☆☆☆★ 4
衝撃度 ☆☆☆☆★ 4

『Itと呼ばれた子』3部作の第2弾です。

(´・д・`) ・・・・まぁ。あまり説明はいらない本です。

他人が見た「里親制度」や「里子」の現状ではなく
実際体験した人の手記と言うのは
それだけでとても意味があると思うんです。

過去は
辛ければ辛いほど
悲しければ悲しいほど
それと認める気持ち、乗り越えたい気持ちと同じくらい
「そうじゃないかもしれない」という気持ちがあるんじゃないかと思います。
にほんブログ村 本ブログへ
ブログランキング参加中
“It”(それ)と呼ばれた子 幼年期“It”(それ)と呼ばれた子 幼年期
デイヴ・ペルザー 著 ; 田栗 美奈子 訳
青山出版社 出版 / 1998.4

****文学**記録・ルポタージュ****
おすすめ読者年代 高校生以上
涙指数 ☆☆☆☆★ 4
衝撃度 ☆☆☆☆☆ 5

(´・д・`) ・・・・重い。
これの紹介を書くのは気が重いよ・・・。

Itと呼ばれた子。
これは3部作になってまして、それの第一作目です。
にほんブログ村 本ブログへ
ブログランキング参加中
忍者ブログ [PR]
PR