忍者ブログ
恋愛小説、泣ける本からマニュアル本まで。     Copyright(C)ひろり All rights reserved.
いらっしゃいませ
プロフィール
HN : ひろり
    : 本棚
クリック募金
クリックで救える命がある。

「東北関東大震災」支援クリック募金
イーココロ!クリック募金
ブログ内検索
最新コメント
無題 / NONAME
(08/24)( Res )
(06/20)( Res )
恋空 / キティ♡
(09/08)( Res )
読みたい本をブログで探す

ブログランキングくつろぐに投票

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

人気ブログランキングへ


[171] [170] [169] [168] [167] [166] [165] [164] [163] [162] [161]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

重力ピエロ 重力ピエロ
伊坂 幸太郎 著

内容キーワード
「映画化」 「原作本」 「家族」 「推理小説」 「ミステリー」

兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。
家族には、過去に辛い出来事があった。
その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。
連続放火と、火事を予見するような謎のグラフィティアートの出現。
そしてそのグラフィティアートと遺伝子のルールの奇妙なリンク。
謎解きに乗り出した兄が遂に直面する圧倒的な真実とは―。
溢れくる未知の感動、小説の奇跡が今ここに。
(「BOOK」データベースより)

“春が二階から落ちてきた。”とはじまる小説。
ちょっと切なくて悲しい、でも暗いわけじゃない物語。
今週公開の映画『重力ピエロ』の原作本です。

推理小説として読むより、家族のお話として読むほうが面白いと思います。
謎解き簡単だったぜ、ふふん。というのが好きな人向けではないです。


************感想(ネタばれ・注意)************
町で起こる放火事件と、それを謎解くことになった兄弟の話。
その兄弟は、いわゆるワケありの家族の関係なのです。
伊坂作品は多数コミック化されているのですが、やっぱりキャラクターが強いんだね。
この作品の登場人物も、みんな各々素敵なキャラとして登場しています。
弟カッチョイイもんね。
あと“ジョーダンバット”みたいなアイテムが魅力的です。

ちなみに作中にはたくさんの小説の切れ端が登場しています。
三島由紀夫の『金閣寺』だったり、井伏鱒二の『山椒魚』だったり。
伊坂ワールドを楽しみたいなら、その小説も読むといいんでしょう。

伊坂さんは、生きているのが苦しくなることはないんだろうか、と不安になる作家。
きっとものすごく賢い場所で生きているんだろう、と思う作家。

グルグルと終わらない思考に、諦めと倦怠感とに慣れてしまっていたのですが、
ある時から、考え込むことをある程度コントロールできるようになった今、
伊坂幸太郎さんの作品を読むと、以前のその感覚が戻ってきてちょっとしんどい。
それって私だけ?と思わされるのは、作品に飲まれているからなんだろうなぁ。

伊坂幸太郎さんの作品は人気があるので、高校生もたくさん読んでいるのですが、
いまいち感想が述べにくい小説なのかもしれません。
あんまし上手に感想を述べてくれない・・・。
あらすじは簡単に話せるんだろうけど、
ミステリーのネタばれを話すのが平気なおバカさんは
伊坂作品が好きだとは思わないだろうし。

正義が勝つと思いたいけど実は正義は強くないというような
それをいっちゃぁおしまいよ、というガッカリする要素が小説の中にあるし、
でも悪いものは悪いんだっていう正義感がないわけでもない。
だけど、こういう物語が人気がある時代なんだなぁと思います。

読み終えた後、「そうとも、重力は消えるんだ」と思う愛の物語でした。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
PR