忍者ブログ
恋愛小説、泣ける本からマニュアル本まで。     Copyright(C)ひろり All rights reserved.
いらっしゃいませ
プロフィール
HN : ひろり
    : 本棚
クリック募金
クリックで救える命がある。

「東北関東大震災」支援クリック募金
イーココロ!クリック募金
ブログ内検索
最新コメント
無題 / NONAME
(08/24)( Res )
(06/20)( Res )
恋空 / キティ♡
(09/08)( Res )
読みたい本をブログで探す

ブログランキングくつろぐに投票

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

人気ブログランキングへ


[100] [99] [98] [97] [96] [95] [94] [93] [91] [90] [89]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4TEEN / 石田衣良4TEEN
石田 衣良 著 ; 新潮社 出版 ; 2005.11
****小説**日本文学****
おすすめ読者年代 中学生以上
読みやすさ ☆☆☆☆★ 4
感動指数  ☆☆☆★★ 3
お得度数  ☆☆☆★★ 3

石田衣良と聞けば、ちょっと不健全な作品というイメージがあって
一度も読んだことがなかったのだけれど、
この作品は直木賞作品と言う事で読んでみました。
食わず嫌いならぬ、読まず嫌いはよくない。

主人公は中学生。
思春期の大人でも子どもでもない時期の男の子達です。

東京月島の下町に住む中学生は
家庭の事情も個人が抱える悩みも全く違うのだけれど、
同じ時間を共有し、お互いのことを認めている。

主人公のテツロー、大きな体のダイ、
急激に年をとってしまう病気を抱えるナオト、頭脳明晰のジュンの
4人の物語だ。

短編集という形式なので、読みやすい。

中学のときどうだったっけなぁ・・なんて思いだした。

直木賞の基準はよくわからないし、
賞をとったからどうってわけじゃないけれど、
普通にありそうで、実際はない人物設定なんだろうけど、
読みやすかったし、巧いなぁと思わずにいられない作品でした。

作中の登場人物よりも大人になってから読んだほうが面白い本と、
同じ年齢で読んだほうが面白い本があると思うんだけど、
『4TEEN』はどちらでも面白いんじゃないかな。

************感想(ネタバレ・注意)*************
月島には貧富の差があり、それぞれの家庭の事情は大きく違う。
当然登場人物の家庭事情も全く違う。

私はそういう場所に住んだことはないし、
そういう家庭事情が違う場合、本当に友達になれるのだろうか?
と思ったけれど、
中学の時にそんなこと関係なかったなぁ、と思い直した。

どうにもならない大きな力に支配されているような感覚だし、
かといって誰かに全てを庇護されるような弱い生き物でもない。

体はどんどん大人になるのに
心は迷ったり立ち止まったり、自分の存在を確立しようともがくし、
体と心のバランスが不安定で、大人という存在自体を疑問に思ったりする。
それでもどんどん体は大人になっていく。

そんな時期に急激に大人になりゆくナオトのような存在があれば、
中学生の自分はどう感じたのだろうか。
あの頃の私は自分の事に必死だったから、
きちんと色んなコトを見るなんてできなかった気がする。

世界は広い。
でも自分の中にある世界はもっと広く深い。
そんな多感な時期をうまく書いてあるなぁと思いました。

家族間のことをこまごま聞いたりすることもないけど、
なんとなく友達の考えていることはわかるような気がする。
性に対しても興味があったり、家族に対してもそれぞれの悩みは違う。
恋愛や友情に対しても異なった思いを持っている。
友達が自分と全く違う生活を送り、
自分と全く違う価値観を持っていることに驚く。
それでも友達だし、何かあったら何とかしてやりたいと思う。

不安定でいて、楽しいことや幸せになれる方法を見つけ出すのに必死であった
14の頃を懐かしく思った作品でした。
あの頃と変わってないところってあるもんだなぁ、なんて思ったりもできたな。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
なんかね、この人の本好き(・∀・)
何でかはわからないけど、読みやすい。
子供の話とかも多いし、同年代な設定だからかな。
短編だからってのもか(´∀`*)
考えさせられる話もあったりとか、
あー、時間にゆとりがあったら読書するのにー
ちぃ 2006/07/01(Sat)16:25:29 編集
Re:ちぃチャン
ひろりは石田衣良サンの本をきちんと読んだのは初めてだったんだけど、
登場人物がおもしろいなぁと思ったよ。
読みやすくて面白かった。

ひろりの学校の生徒で石田サンがすんごい好きな生徒が、
七夕のお願い事に「石田衣良サンがタレントになりませんように」
って書いててやたらとウケました。(関係ナイ
【2006/07/01 19:18】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
PR