忍者ブログ
恋愛小説、泣ける本からマニュアル本まで。     Copyright(C)ひろり All rights reserved.
いらっしゃいませ
プロフィール
HN : ひろり
    : 本棚
クリック募金
クリックで救える命がある。

「東北関東大震災」支援クリック募金
イーココロ!クリック募金
ブログ内検索
最新コメント
無題 / NONAME
(08/24)( Res )
(06/20)( Res )
恋空 / キティ♡
(09/08)( Res )
読みたい本をブログで探す

ブログランキングくつろぐに投票

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

人気ブログランキングへ


[102] [101] [100] [99] [98] [97] [96] [95] [94] [93] [91]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

天国の本屋天国の本屋
松久淳+田中渉 著 ; 新潮社 出版 ; 2004.4
****文学**日本文学****
おすすめ読者年代 高校生以上
恋愛指数 ☆☆☆★★ 3
感動指数 ☆☆☆★★ 3
感涙指数 ☆☆★★★ 2

主人公のさとしは就職を考えないといけない時期になってきた。
ただ、何となくやる気にならない。
その日もコンビニで求人情報誌の横にある週刊プレイボーイを手に取ろうとしていた。

そこに現れたのはアロハシャツを着た変なおっさん。
目の前が真っ暗になり、気がつけばそこは天国だと言う。

さとしはワケがわからないままに天国の本屋で働くことになる。

天国の本屋には色んな年齢の人がくる。

人は100年の人生が決められており、
それ以前に死んだ人が残りの時間を過ごすのが天国である。
そして天国の時間を過ごしたあと、人はまた生まれ変わることになるのだ。

その本屋で同じようにアルバイトしているのはユイという少女。
彼女はほとんど笑わないし、本屋のレジの中でゲームばかりをしている。
彼女のことを徐々に知り、気になりはじめていくのだが。

ページ数も少ないし、挿絵も入っています。
気楽に読める作品だと思います。

恋愛小説が読みたい!と思っている人には少し物足りないかもしれませんが、
作中に『泣いた赤おに』の話や、『ナルニア国物語』の話が描かれています。
「読書が好きな人に」というよりは、「本が好きな人に」お薦めしたい本です。
ハッピーエンドの本だから、気楽に読んでください。

************感想(ネタバレ・注意)*************
例えば心の中にどうしようもない傷があれば、己の中にあるそれを呪ってしまう。
他人に傷つけられた傷ならば、誰かが癒すこともできることもあるだろうけど
己で刻みつけてしまった傷ならば、その傷はどうやって癒したらいいのだろう。

人生の中には「取り返しのつかない過ち」が存在する。

授業で国語の先生が「タイムマシンがあったらいつに行きたいか」という話をしていて、
その先生は「高校の時、決勝でサヨナラ負けをしたあの日に戻る」と言った。

キャッチャーの彼は投げられたボールを捕球できずに、
背後に転がってしまったボールを、40代になってもまだ悔やんでいるのだ。

人によって心の引き出しの中にある「過去の傷」は違う。
あの時のほんの少しの「まぁいいか」。
あの時のほんの少しの「また今度」。
あの時のほんの少しの「小さなミス」。

その瞬間はきっと、何の意識もしていないのだ。
これから長い間、「今」の記憶に苦しめられることになるなんて。

誰にでも記憶がある。
もし記憶がないとしたら、それは宙を歩くように心許ないことだろう。

私を知っている誰かがいて、私が覚えている誰かがいる。
その支えによって生きていられるように思う。

さとしが読んでもらった『泣いた赤おに』。
優しい赤鬼と、優しい青鬼のお話。
思い出しながら、誰かに読む絵本。

心の中には様々な記憶があるけれど、
いつか優しい思い出に変わるときがきっとくると
そう思っていたい。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
PR