忍者ブログ
恋愛小説、泣ける本からマニュアル本まで。     Copyright(C)ひろり All rights reserved.
いらっしゃいませ
プロフィール
HN : ひろり
    : 本棚
クリック募金
クリックで救える命がある。

「東北関東大震災」支援クリック募金
イーココロ!クリック募金
ブログ内検索
最新コメント
無題 / NONAME
(08/24)( Res )
(06/20)( Res )
恋空 / キティ♡
(09/08)( Res )
読みたい本をブログで探す

ブログランキングくつろぐに投票

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

人気ブログランキングへ


[107] [106] [105] [104] [102] [101] [100] [99] [98] [97] [96]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

anegoanego
林真理子 著 ; 小学館 出版 / 2003.10
****小説**日本文学****
おすすめ読者年代 20代以上
恋愛指数 ☆☆☆★★ 3
ドロ沼度 ☆☆☆☆★ 4
幸せ指数 ☆★★★★ 1

ドラマ原作になったこの本。
大手企業に勤める33歳独身OL奈央子は微妙な年頃になっていた。

大手の企業で結婚なんていつでもできると思っていたはずなのに。
決して容姿が悪いわけではなく、どちらかといえばいい線のはず。
ファッションにも手を抜かず、商社に勤め、それなりの出会いもある。
それなのになぜ結婚できないのだろう。

人のために嫌な役回りをつとめることもある。
後輩にも人気がある。
給料だってかなりいい金額をもらってる。
そのお金で自分を磨くのも忘れてはいない。
間違ったことなど何もしてないはず。
それなのになぜこの年になっても結婚していないのだろう。

帯には「まさに、恋愛ホラーともいうべき新ジャンルを確立した衝撃の長編小説。」とある。
本屋でこの本を見たとき、これまた大げさな文句だと思った。

ドラマの奈央子は爽やかで、黒沢君との年齢差のある恋ばかりでなく、
人のために動いてしまう行動力や、まっすぐな生き方が描かれていた。

たしかに、この本の中にもその人情味溢れるキャラクターは描かれている。
しかしそれ以上に33歳という微妙な年頃の、
揺れ動く気持ちや、心の中にある駆け引き、ずるい気持ちは
これでもか!と言うくらい生々しく描かれているのである。

ドラマにあったとおり、お持ち帰り、お見合い、不倫、ドロ沼の順で進んでいくのだが、
その進み方はドラマのように「爽やか」な奈央子ではない。
ドラマを見て原作を読むときは、
スカッとする33歳独身OL像をイメージして読んではいけない。
女の微妙な心理描写や心の中の呟き、ドロドロと読みたい人向けだ。

林真理子さんはさすがだなと思いました。
頭でわかってる、それでも譲れない気持ちがある。
それは性とも言うもので、頭より体が先に動く。
プライドと妥協の狭間で揺れ動く気持ちをここまで書くか。

ハッピーな恋愛小説を!と思っている人は読むべきではありません。
最後のどんでん返しに、なんだか暗い気持ちにさせられました。
まさに帯の通り「恋愛ホラー小説」でした。

************感想(ネタバレ・注意)*************
ドロドロしてる。
確かにドラマのanego像もここにはある。
しかし、本当のリアルな商社に勤める33歳独身女性が、
あんなに爽やかなだけでいるはずないのだ。

要領よくさっさと結婚して寿退社、その後優雅な商社夫人となり、
海外赴任先でも時間とお金をかけて「セレブ」と呼ばれる生活をしている人もいる。
奈央子だって見た目は悪くない。
それなのになぜだがいまだ結婚しないままOLを続けている。

商社には派遣社員として、努力もしないで社内で働ける環境があり、
そのうち若さを生かして商社マンと結婚する女がいるのだ。
今更妥協して人がいいだけの男となんて結婚できない。
オシャレも忘れてお局様になって、同僚と旅行に行くことだけが趣味の先輩。
そんな風にはなりたくないと思う。
それなのに結婚するには譲れないラインがある。
どんどん年老いていくと言うのに。

ドロドロとした気持ちが心の中にある。
それでも自分の間違っていると思うことはできない。
ちょっと妥協してちょっと見ないふりすれば
人から羨まれる生活が待っているのはわかるのに。

ドラマでは不倫の後、またもや黒沢君と微妙な恋愛モードになるのだけれど、
原作には黒沢君はそんなに出てきません。
年下クンとして割り切った役柄で出てきます。

そして原作の最後、そんなのありかよ・・・・と思うどんでん返し。

奈央子はドロドロした感情を持っているけれど、
人としてはできるだけ善良な選択をしている。
それなのに、最後はハッピーエンドにならない。

人から見てそれなりに幸せな生活が待っているはずだったのに、
沢木さん(不倫相手)の奥さんである絵里子の行動によって
自ら幸せを手放す結果となります。

まぁ・・・でもある意味ハッピーなのかしら。
人が見て幸せと思うことが、本人にとって一番大事なことだとは限らないしね。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
PR