忍者ブログ
恋愛小説、泣ける本からマニュアル本まで。     Copyright(C)ひろり All rights reserved.
いらっしゃいませ
プロフィール
HN : ひろり
    : 本棚
クリック募金
クリックで救える命がある。

「東北関東大震災」支援クリック募金
イーココロ!クリック募金
ブログ内検索
最新コメント
無題 / NONAME
(08/24)( Res )
(06/20)( Res )
恋空 / キティ♡
(09/08)( Res )
読みたい本をブログで探す

ブログランキングくつろぐに投票

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

人気ブログランキングへ


[138] [137] [136] [135] [134] [133] [132] [131] [129] [130] [128]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コーンクリームスープ (ピュアフル文庫 か 2-1)コーンクリームスープ
川西 蘭 著 ; ジャイブ 出版 / 2007.3(220p)

****文学**日本文学****
おすすめ読者年代 中学生以上
読みやすさ ☆☆☆☆★ 4
恋愛指数  ☆☆☆☆★ 4
家族指数  ☆☆☆★★ 3

高校生の「ぼく」慎一。
慎一の父は大学教授で、以前は客室乗務員だった母は人材派遣会社を経営している。
家族との会話らしい会話なんてひとつもない家庭だ。

中学生の「わたし」奈津美。
4年前にパパが離婚し、その半年後に新しいママができた。
家族で揃って食事をしてはみるものの、どこか不自然で、堅苦しい。
そこには一人暮らしをしているケン叔父さんがいることもある。

二人が出会ったのは一番最初は偶然。
偶然は更に続きインターネット上でも出会うことになる。
そして、またもや偶然が重なることになる。しかし、最後の偶然は最悪だった。

他にライバルが出てくることはなく、徐々にふたりの距離を縮めながら、
恋愛はすすんでゆきます。
ほわほわと軽く甘い気持ちを感じたり、少し相手に不安を覚えたりと、
思春期の恋を描いてあります。

************感想(ネタバレ・注意)*************
これは恋愛小説とも言えるが、家族の話でもある。

端から見れば、慎一の家は裕福な家庭だ。「幸せな家庭」に見えることもあるだろう。
奈津美の家は「複雑な家庭」と呼ばれたりすることがあるかもしれない。

しかし家の中で流れる空気は、慎一の家の方が重く冷たい気がする。

奈津美には食欲旺盛で、グルメなデブ猫の勘太郎がいるし、
なんだかんだとやってきてはビールを飲み、気ままに過ごすケン叔父さんがいる。

悲しいかな、家族の中で子どもは無力だ。
どんなに強く願っても、不仲な大人達の前では子どもの存在は無力に等しい。
夫婦にとって愛とは、無償で存在するものではないようだ。

そんな家庭の中で生きる思春期の二人は、お互いのことを柔らかく思いやる。
深く聞き出そうとしたり、強く追求したりもしない。
ただ寄り添うだけで意味があるときもあるのだろう。

対する大人達の恋愛は、複雑でとても苦しそうに描いてあるので、
二人の恋がなかなか前に進まないのさえ、とても楽しそうにうつる。

恋愛小説で泣きたいわ、とか、ドロドロした本気の恋が読みたいわ、って人には向きません。
淡くほんのり甘い恋物語ですから。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
PR