忍者ブログ
恋愛小説、泣ける本からマニュアル本まで。     Copyright(C)ひろり All rights reserved.
いらっしゃいませ
プロフィール
HN : ひろり
    : 本棚
クリック募金
クリックで救える命がある。

「東北関東大震災」支援クリック募金
イーココロ!クリック募金
ブログ内検索
最新コメント
無題 / NONAME
(08/24)( Res )
(06/20)( Res )
恋空 / キティ♡
(09/08)( Res )
読みたい本をブログで探す

ブログランキングくつろぐに投票

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

人気ブログランキングへ


[70] [69] [61] [60] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

anego (小学館文庫 は 5-2)anego
林 真理子 著 / 小学館 出版 / 2003.11
****文学**日本文学****

今日終了したドラマ「anego」の原作本。
ドラマは結構おもしろいと思ってたけど、意外とさらっと終わっちゃって
毎週楽しみに見ていて、友達が大分からわざわざ来た時も見たいからといって
友達そっちのけで見てた割にはちょっと残念なエンディングだったなぁ。

Σ(´・д・`) !
また脱線しかけました。

この本はまだ読んでいないので、林真理子さんの作品にについて書きたいと思います。

林真理子さんと言えば、整形したりダイエットしたりで
作家活動以外にもメディアの注目なり噂なりを集めたりしてますが
独自の文章を書かれる方だと思います。

高校に選書するとしたら内容の
***合コン、お持ち帰り、セクフレ、不倫、泥沼…この小説の中には、女性ならだれしも経験してきた、思い出すだけで“痛すぎる”恋愛のすべてのパターンがある。***
ってのに抵抗がありまして、購入をしないつもりでした。

でもこの間本屋さんに行った時平積みされている『anego』をちらりと読みますと
林真理子節とでも言うか、林真理子サンの文章だなぁと思えるものでした。
全部は読んでないし、ちらっと見ただけだからわからないけどね。

初めて林真理子サンの本を読んだのは中学校の時。
嫌らしいまでに「女」をテーマにしている作品だなァと思ったのを覚えている。
嫉妬やひがみ。ステータスと美。男と女、女と女の恋愛の泥沼や計算。
その割に読後の感想は、ジメジメとしたものが残らない。

女独特の嫌らしさというのは、努力をしていないフリをして「自然」に見せるところではないかと思う。
心の中では友達と優劣を競い合っていたりするくせに
「えー。そんなことない。○○チャンはカワイイワよぅ。」とかね。
思ってないだろそんなことと言いたくなる時もよくある。

褒めあい高めあっているように見えるその言葉は、自分を高めるためにある。
本当に相手を認めていれば、必要でないときには口にしないものだったりするから。
ばっさりと言い切ってしまうよりも、カワイイ女に見られるように振舞う。
それこそがかわいい女であり、賢い女だ。

女をテーマに描く小説なりエッセイなりで、女性読者を虜にするものは
その「女」のズルさをうまく描いているものではないか。
もちろん涙が涸れるような恋愛小説もあるし、幸せを夢見られるサクセスストーリーもあるけれど。

読んでいて苦笑いのようなものがこみ上げるけど読まずにいられないのは、
恋愛における男を奪い合う時のドロドロした嫉妬の感情よりではなく、「女」に対する嫉妬だ。
「男」自体にあるのではなく、対「女」に対する嫉妬だ。
男自体にあるのではなく、「結婚」であるとか「ステータス」といったものにあるのではないか。
そしてそのステータスを冷静に見られれば見られるほど
どうにも変えられないほどの愛の感情があったりして、どん底に突き落とされたりする。
ステータスを愛して、自らを愛していたつもりなのに、いつの間にか恋に落ちていたりする。

男を自分のアクセサリーの一部とみなしたときの自分以外の女に対する嫉妬は強烈なものだ。
そんなこと考えたことないわ、なんていう゛素敵"な女の子なんてつまらないなと思う。

女の子達はいつだって共犯者になれる。
それなのにその嫉妬を知らないなんてつまらない。

林真理子さんはその感情をストレートに書いていて、つい笑ってしまう。

浮気をされたときに相手の女を憎むのはなぜだろう。
愛だ恋だと騒いでいるなら、自分の恋しい相手を殺したいくらい憎めばいいのに。

『anego』の中で
いい会社の社員であろう主人公が派遣社員に対して思うこと。
あんたたちみたいに苦労もしないで会社に入ってきて、
ステータスの高い男を捕まえるなんて許せない、と。
つい笑いがこみ上げる。
ドラマのアネゴよりも林真理子サンの描くアネゴの方がおもしろそうだ。

本当の意味で賢い女はそんなこと言わない。知らないふりをして無邪気なフリをしている。
まぁ私はズバリと言う「女」の方が好きだけど。
真実を口にする女は本当は純真だ。

世の中には色んなタイプの女の子がいる。
本当に賢い女に騙される男は好きだ。その男に恋に落ちることはないけれど。
嫉妬丸出しで「あなたを愛しているから」と浮気相手の女を蹴落として自分のことを守る女も好きだけど、
最後は「愛」の感情を冷静に判断できるっていう女が私は好きだ。
誰でも愛だ恋だに振り回されればズタズタになってしまうから。
ズタズタに傷ついて男に癒される方法しかしらない人もいるけれど、
自分で立ち直る術を全力で考える必要もあるから。

林真理子さんを読んで、「嫉妬?そんな感情知らないわ」なんて言えるのは
純真な女の子なのかもしれないけど、それってちょっとつまらないことかもよ。
女の子みんなで共犯者になりませんか?
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
PR